自信を持って行動できる人が持っているもの

2019.10.09 (水)

自信とは「自分を信じる」と書きますよね。あの人は自信を持って行動できていていいなと思われるかもしれませんが、それはあなたにそのように見えているだけで、その方が自分を信じていなければ自信を持っているとは言えないのです。

 

 

自信とは、他人が評価するものではなく、自分でそう思えるかどうかなのです。

 

 

では、自信を持って行動できる人が持っているものとはなんだと思いますか?

 

 

それは、「」です。

軸がしっかりしている人は、他人の意見に左右されない自分の考え方を持っており、発言にブレが無く一貫性があります。それは、まさしく自分を信じることができているからです。

 

 

しかし、そんな人でもすべてのことに自信を持って行動できるのかというとそうではないはずです。当然、苦手なこともあるでしょう。そんな時は、自信が持てなくなるかもしれません。しかし、物事を考える軸がしっかりしていれば前向きに行動できるようになり、次第に自信が持てるようになっていきます。

 

 

そんな「軸」を身に付けることができるスポーツがランニングなのです。

ランニングで軸と言えば、姿勢です。頭、肩、腰、ひざ、くるぶしを一直線にした軸をつくることで足への負担を抑えて走り続けることができるようになります。

 

 

しかし、始めからその姿勢をつくることは難しいのです。その姿勢をつくるために必要な筋力を付けたり、走り方を学んだりする必要があります。ただ、軸の重要性を知っていれば、それをつくるために行動することができるのです。

 

 

その時点では自信は持てないかもしれません。しかし、その軸をつくろうと行動している姿は周りから見ると自信があるように見えるのです。そのうちに、筋力が付き走り方のコツがわかってくると、軸を意識した走り方ができるようになります。

 

 

そこまでに至る過程は大変かもしれませんが、それが自信に繋がるのです。

頭、肩、腰、ひざ、くるぶしが一直線になった姿勢は、胸を張った堂々とした姿勢になります。姿勢には、取り組み方と、見た目の両方の意味がありますが、そのどちらもよくなるのです。

 

 

ランニングが好きで続けている方は、そんな軸をもって走っているのではないかと思います。自信が持てない自分を変えたいという方は、是非、ランニングを始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

無料ランニングお悩み相談

◆膝の痛みを我慢しながら走っている
◆腕の振り方が分からない
◆ふくらはぎの痛みが引かず走れない
◆走り方がおかしいと言われる
◆体力がなかなかつかない
◆30kmで足が攣ってしまう
◆効果的な栄養の摂り方がわからない
◆腰痛がひどく、痛み止めを飲みながら走っている
◆サークルやクラブは練習がメインなので、個別で走り方を学びたい
◆フルマラソンにチャレンジしてみたいけどどうやって練習したらよいかわからない
◆運動不足を解消したいが、ランニングが続かない
◆足の指が痺れるように痛い
◆いつまで経っても苦しくて、なかなか距離が伸びない
◆ダイエットが目的なのに足が細くならない
◆食事や栄養の効率のよい摂り方を知りたい

 

悩み事に大きいも小さいもありません。些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。あなたのココロが軽くなるよう丁寧にアドバイス致します。

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 自信を持って行動できる人が持っているもの

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1729-8188

レッスン中で出られないことがございますので、
その場合は留守電にメッセージをお願いいたします。
こちらからおかけいたします。

メールからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

過去の記事

テーマ

👑ランニング記事Best5

⇑ PAGE TOP