筋力トレーニングを行う上で意識すべきたった一つのこと

2019.09.06 (金)

足の痛みが出ないようにしたい、長く走れるようになりたい、速く走れるようになりたい、という理由で筋力トレーニングを行っている方は多いのではないでしょうか?

しかし、筋肉は付ければ付けるほど重くなります。同じ体積であれば脂肪よりも筋肉の方が重いのです。

 

 

また、野球に始球式ってありますよね。その始球式でボディビルダーが投げようとしていました。筋肉ムキムキなのですごい速い球を投げるのかと思いきや、全然速くないのです。ボディビルダーは魅せるために筋肉をつけているからなのです。重たいものを持ち上げたりするパワーはあっても、その筋肉を効率的に使えていないのです。

 

 

ランニングは、カラダが軽いほうが有利です。足に負担がかからないですし、重たいとエネルギーも必要になります。しかし、姿勢の維持や衝撃吸収のために筋肉は必要です。大切なことは、ランニングに効果的な筋肉を付けるということです。

 

 

では、どのような筋力トレーニングを行えばよいと思いますか?

 

 

それは、伸ばしながら行うのです。

なぜ、伸ばしながら行うのかというと、理由は2つあります。

 

 

1つは、普段行う筋力トレーニングは縮めて行うことが殆どなので、伸ばしながら行うことで鍛えられていない筋力を鍛えることができ、筋力アップとバランスが取れた筋肉を付けることができます。

 

 

もう1つは、ランニングに限らず殆どのスポーツは筋肉を伸ばしながら使っています。冒頭に書きましたボール投げでも投げる瞬間、上腕二頭筋は伸ばします。ランニングではハムストリングスは伸ばすことで推進力を得ます。だからこそ、筋肉を伸ばしながらトレーニングを行う必要があるのです。

 

 

このように伸ばしながら行う筋力トレーニングをエキセントリックと言います。

 

 

 

エキセントリックでの筋力トレーニングのやり方

通常、ダンベルを使って腕を鍛える際、ひじを曲げて上腕二頭筋を縮めます。

腹筋を行う際、あおむけの状態から起き上がり腹直筋を縮めます。

 

 

動きは同じでよいので、この動きを反対に行います。

ダンベルを使って腕を鍛える際は、ひじを曲げた状態からゆっくりと降ろしていきます。すると上腕二頭筋は伸びながら耐えるようになります。

 

 

腹筋を行う際は、起き上がった状態からゆっくりと床に降ろしていきます。すると腹直筋は伸びながら耐えるようになります。

 

 

スクワットを行う際は、ひざを曲げた状態からひざをゆっくりと伸ばしていきます。するとハムストリングスは伸びながら耐えるようになります。

 

 

 

最後に

実は、ただ走るだけであれば筋力トレーニングは必要ないとも言われています。というのも、走るために必要な筋力は走っていれば付けられるからです。しかし、走るために必要な最低限の筋力が無い方や、距離を伸ばしたい方や目標タイムがある方は筋力トレーニングを行う必要が出てきます。せっかく実施するのであれば、効果的な筋力をつけたいですよね。

 

 

パワーだけの魅せる筋肉ではなく、効率よく走るための筋肉を付けることを意識してトレーニングを行っていきましょう。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 筋力トレーニングを行う上で意識すべきたった一つのこと

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1729-8188

レッスン中で出られないことがございますので、
その場合は留守電にメッセージをお願いいたします。
こちらからおかけいたします。

メールからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

過去の記事

テーマ

👑ランニング記事Best5

⇑ PAGE TOP