ランニング初心者必見!!かかとの痛みが出なくなる正しい走り方に変えるたったひとつの考え方

2021.02.25 (木)
ランニング初心者必見!!かかとの痛みが出なくなる正しい走り方に変えるたったひとつの考え方

ランニング初心者の多くの方が、足は前に着くものという考え方を持っています。これが、足への負担を増やし、かかとの痛みが出る原因になります。確かに、足は前に出す必要はあります。しかし、前に着いてはいけないのです。

 

 

今回は、正しい走り方に変えるための考え方についてお伝えしようと思います。

 

 

 

 

ランニング初心者必見!!かかとの痛みが出なくなる正しい走り方に変えるたったひとつの考え方

ランニング初心者必見!!かかとの痛みが出なくなる正しい走り方に変えるたったひとつの考え方

 

とても重い荷物が載せてある台車を移動させる際、押して移動する方法と引いて移動する方法ではどちらの方が楽に移動できると思いますか?

 

 

押して移動する方法ではないでしょうか。台車がなかったら引いて移動させる方が楽だったりしますので、状況により変わってくると思いますが、基本的には押して移動する方が楽なはずです。ランニングも同じで、後ろに力を伝えて押して進む方が効率が良く、足への負担が少ないのです。足への負担が少ないのでかかとの痛みが出にくくなるというわけです。

 

 

でも、ランニング時、足は腰より前に出ていますよね。そこで覚えておいてほしいことは、「足は前に出すけれど、前に着かない」ということです。

 

 

 

足は前に出すけれど、前に着かない!?正しい走り方に変える方法

足は前に出すけれど、前に着かない!?正しい走り方に変える方法

 

着地している足を軸足(じくあし)といい、反対の足を遊脚(ゆうきゃく)と言います。ランニングにおいて重要なことは軸足が接地している時間をいかに短くするかということです。なぜならば、接地している時間が長いと体重を支えなければならないからです。また、接地している時間は前に進めません。空中に居る時間が長ければ長いほど、足への負担が減り、ランニングの速度も速くなります。

 

 

軸足の接地時間を短くするためには、遊脚の使い方が重要になります。軸足よりも遊脚が後ろにあると軸足を地面から離すことができません。だから、遊脚を前に出す必要があるのですが、ほとんどの方がそのまま前に着いてしまいます。ポイントは、遊脚は、軸足より後ろにある時は前へ出し、軸足より前にある時は後ろへ踏み込むことです。軸足を境に、前への意識と後ろへの意識のスイッチを瞬時に切り替えるということです。

 

 

このスイッチの切り替えがしっかりできていない状況を「足が流れる」と言います。文章だとわかりにくいと思いますので、以下の動画を確認してみてください。

 

 

遊脚を前に着かないようにする方法ですが、まずベースポジションを作ってみましょう。

 

この状態から、軸足の母指球の位置に遊脚のかかとが来るように足を降ろします。

 

 

 

このようにすると遊脚は腰より前に着くことがなくなります。また、2枚目の写真のように前傾姿勢になるため、感覚としては真っ直ぐ足を降ろしていても、実際には後ろ方向に押している形になります。これが冒頭にお話しした台車を押して前に移動する動きになります。

 

 

また、着地した際、ひざが曲がっていませんよね。ひざが曲がると足への負担が大きくなります。遊脚を前に着かないということを意識するだけで、足への負担が劇的に減り、かかとの痛みが出にくくなります。

 

 

 

最後に

 

私は、7年程前にかかとの痛みに悩まされ、歩くことさえもままならない状態でした。このままもうランニングはできないのかなと思う時期もありましたが、その時に走り方を見直してみようと試行錯誤を繰り返してきました。すぐには改善しませんでしたが、コツコツと続けていくことで、39歳の今ではかかとの痛みが出ないように自分でコントロールができるようになり、未だにタイムを更新し続けています。

 

 

正しい走り方を身に付けることで、かかとの痛みに悩むことなく気持ちよく走る事ができ、しっかりとした練習ができるのでタイムも更新してランニングライフを楽しむことができています。

 

 

痛みやタイム更新ができないのは年齢のせいだと諦めている方、ぜひ一度正しい走り方を学んでみませんか?

 

 

 

 

ランニングお悩み相談

◆かかとの痛みを我慢しながら走っている
◆年齢とともにタイムが落ちている
◆ふくらはぎの痛みが引かず走れない
◆走り方がおかしいと言われる
◆体力がなかなかつかない
◆30kmで足が攣ってしまう
◆効果的な栄養の摂り方がわからない
◆腰痛がひどく、痛み止めを飲みながら走っている
◆サークルやクラブは練習がメインなので、個別で走り方を学びたい
◆フルマラソンにチャレンジしてみたいけどどうやって練習したらよいかわからない
◆運動不足を解消したいが、ランニングが続かない
◆足の指が痺れるように痛い
◆いつまで経っても苦しくて、なかなか距離が伸びない
◆ダイエットが目的なのに足が細くならない
◆食事や栄養の効率のよい摂り方を知りたい

 

悩み事に大きいも小さいもありません。些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。あなたのココロが軽くなるよう丁寧にアドバイス致します。

 

 

ラングリットTOPへ

 


足に負担がかからない「足にやさしい走り方」で安心して楽しく継続できるランニングライフをサポート

 

ラングリット | 静岡

自信回復ランニングプランナー

古畑 健太

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ランニング初心者必見!!かかとの痛みが出なくなる正しい走り方に変えるたったひとつの考え方

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1729-8188

レッスン中で出られないことがございますので、
その場合は留守電にメッセージをお願いいたします。
こちらからおかけいたします。

メールからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

過去の記事

テーマ

👑ランニング記事Best5

⇑ PAGE TOP