走力がアップする人の3つの特徴とは

2021.07.19 (月)
走力がアップする人の3つの特徴とは

ランニングを始めてもなかなか長く走れるようにならなかったり、ひざの痛みに悩まされたりと、自分には向いていないのかな、なんて思ったりすることありませんか?身体的特徴による差、今までの運動経験の違いにより、いくら頑張っても他人と比べて勝てないということはあるかもしれません。しかし、過去の自分と比べたらどうですか?過去の自分との比較だったら取り組む姿勢を変えることで、成長できると思いませんか?

 

 

当スクールで指導させていただいている方を見ていて走力がアップする人の特徴というものが見えてきましたので、今回は走力がアップする人の3つの特徴をお伝えしようと思います。

 

 

 

1.素直である

素直である

 

「素直」という言葉の意味を調べると、【考え・態度・動作がまっすぐなこと】とあります。走り方の基礎をお伝えする際、今までの自分の走り方に対する考え方と全く違うので戸惑いがあったり、癖が抜けずに思い通りにいかないことが多々あります。意識が変わるまでに最低でも3ヶ月は必要だと考えていますが、すぐに結果を求めずに、お伝えしたことを信じて素直に実施してくださる方は、着実に走力が伸びています。

 

 

その理由は、成功している人と同じように行えばうまくいくからです。私は、2年前に会社員をやめて、ランニングトレーナーとして起業をしました。起業というと何をしたらいいのかわかりませんよね。しかし、起業を成功させたメンターと知り合い、学ばせてもらうことで今があります。そのメンターは成功者です。確かにすごい方です。しかし、同じ人間です。その方が実施してきたことと同じことをしていけば、結果が出るまでの差は違えど必ず結果は出るはずです。

 

 

しかし、正直なところ始めは半信半疑な部分があり、早く結果を出したいと学んだとおりにやれていないことがありました。独自のやり方をやってしまっていたのです。独自のやり方=オリジナルというのは、基礎がしっかりあってのものです。基礎がしっかりしていないのにオリジナルというものは無いのです。

 

 

そこで、はやる気持ちを戒め、素直に愚直に取り組むようにしたところ、徐々にではありますが結果が出てきました。

 

 

教えてくださる方の知識や進め方を素直に聞き入れて行動することがとても大切なことです。

 

 

現在指導させていただいている方は、みなさんお伝えしたことを素直に聞き入れて実施してくださっている方ばかりです。しかし、進みが遅いなと感じられる方も中にはいらっしゃるかもしれません。そのような方は、お伝えした通りにできていない部分があるのかもしれません。ぜひ、過去のレッスン報告を振り返るなどしてみてください。

 

 

 

2.まずやってみる

まずやってみる

 

レッスンでお伝えしたことをすぐに日々のトレーニングで実践する、そしてそれを継続する方は確実に走力がアップしています。

 

 

私の起業準備の時の話しに戻りますが、定期的にメンターとの授業がありました。授業が終わった直後はとてもやる気があり、次までの課題に取り組む気持ちが高いのですが、その気持ちが徐々に薄れていきます。私の場合は、次の授業までに必ず課題を提出しなければいけないという状況でしたので、何が何でもやってきたわけですが、せっかく授業で教えてもらったのに実践しないのはもったいないですし、何にもなりません。

 

 

現在指導させていただいている方の中でも走力の上がり幅が大きい方の特徴は、すぐに実践していて、報告や相談を逐一してくださる方です。

 

 

 

3.ランニングが好きである

ランニングが好きである

 

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、好きでやっていることは一生懸命に取り組みます。勉強したり工夫したりするので、自然に上達していきます。無理して嫌だと思いながらやっても、なかなか成長していきません。

 

 

また、「向き不向きより前向き」という言葉もあります。ランニングが好きであれば、自分には向いていないなんてことは考えず、どうしたらよくなるのかと前向きに考えるようになります

 

 

走力をアップしたい、それは確かにそうなのですが、ランニングが好きであれば、走力がアップしなくても続けているはずです。

 

 

走力をアップしたいからランニングを続けているのではなく、ランニングが好きで続けているから走力がアップするのですが、いつの間にか逆の発想になってしまっていることってあるんですよね。

 

 

私も一時期そういう時期がありました。タイムばかりを求めて走った結果、かかとの痛みに悩まされ足を着くだけでも痛いという状況です。そんな状況でもランニングが好きだから、走れなくてもランニングについていろいろ調べて学び、それを試してということを繰り返して進めてきました。

 

 

ケガはしないに越したことはないですが、そういう状況ってゼロではないです。満足に走れないときでも、「走りながら治す」ということをオススメしています。私自身もそうですが、指導させていただいている方の中にも、それを実践し確実に走力をアップさせた方もいらっしゃいます。

 

 

 

最後に

 

走力がなかなかアップしない、自分には向いていないのではないか、最近伸び悩んでいるという方は一度自分を見つめ直してみてください。

 

 

✅ランニングが好きですか?

✅新しい要素を取り入れていろいろ試していますか?

✅言われたことを素直に実施していますか?

 

 

 

走ることがそこまで好きではないという方でも、走るとはどういうことなのかを理論的に聞くことにより興味が湧き、その興味が好きに変わるはずです。そして、その新しい要素を素直に聞き入れて実施していけば走力はアップしていきます。

 

 

どれかが不足している、でもどう解消したらよいかわからない、そんな方は是非ご相談ください。

 

 

 

【ランニングがもっと楽しくなる】体験パーソナルレッスン

◆膝の痛みを我慢しながら走っている
◆腕の振り方が分からない
◆ふくらはぎの痛みが引かず走れない
◆走り方がおかしいと言われる
◆体力がなかなかつかない
◆30kmで足が攣ってしまう
◆効果的な栄養の摂り方がわからない
◆腰痛がひどく、痛み止めを飲みながら走っている
◆サークルやクラブは練習がメインなので、個別で走り方を学びたい
◆フルマラソンにチャレンジしてみたいけどどうやって練習したらよいかわからない
◆運動不足を解消したいが、ランニングが続かない
◆足の指が痺れるように痛い
◆いつまで経っても苦しくて、なかなか距離が伸びない
◆ダイエットが目的なのに足が細くならない
◆食事や栄養の効率のよい摂り方を知りたい

 

悩み事に大きいも小さいもありません。些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。あなたのココロが軽くなるよう丁寧にアドバイス致します。

 

 


足に負担がかからない「足にやさしい走り方」で安心して楽しく継続できるランニングライフをサポート

 

ラングリット | 静岡

自信回復ランニングプランナー

古畑 健太

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 走力がアップする人の3つの特徴とは

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1729-8188

レッスン中で出られないことがございますので、
その場合は留守電にメッセージをお願いいたします。
こちらからおかけいたします。

メールからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

過去の記事

テーマ

👑ランニング記事Best5

⇑ PAGE TOP