疲労が取れないランナーこそ摂るべきプロテインの効果とは

2019.07.08 (月)

プロテインと聞くと、ジムで重たいウェイトを使って筋力トレーニングを行っている人が飲むというイメージがありますよね。しかし、ランナーにも有効的なものなのです。ただ、種類がたくさんあるし、いまいち効果もわからないしという方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

 

今回は、プロテインについてお伝えしようと思います。

 

 

プロテインはどういう栄養素かわかりますか?

 

 

プロテインとは「タンパク質」を英語訳したものです。日本では、タンパク質を摂取するサプリメントという認識ですよね。タンパク質は、筋肉、血液、皮膚、爪、骨などカラダを構成している重要な栄養素です。プロテインの語源は古代ギリシャの「プロテイオス」という言葉ですが、その意味は「もっとも重要なもの」という意味だそうです。その名の通り、タンパク質はカラダにとって最も必要なものなのです。

 

 

ランナーにオススメする最大のメリットは回復を早めるということです。ランニングにより損傷した筋肉を素早く修復することができます。ポイントは30分以内に摂取することです。運動後30分以内は栄養の吸収力が高まっています。このタイミングでプロテインを摂ることで素早くタンパク質を摂り込むことができるのです。

 

 

筋肉だけではなく、血液もタンパク質からできています。血液中にある赤血球は、足裏の衝撃により損傷します。損傷し赤血球が不足すると貧血になってしまいます。鉄分の摂取も同時に必要ですが、貧血にならない為にもプロテインを摂取して素早く修復する必要があります。

 

 

ランニングにより損傷したカラダの各部位を素早く修復することで回復を早めることができるのです。

 

 

プロテインには種類がありますが、ランニング直後は吸収速度が速いホエイプロテインが適しています。ホエイプロテインの原料は牛乳なのですが、同じ牛乳を原料としているものとしてカゼインプロテインがあります。こちらは、吸収力がゆっくりで腹持ちがいいのでダイエットに有効です。牛乳を飲むとお腹が緩くなるという方にもオススメです。

 

 

ホエイプロテインとカゼインプロテインが動物性のタンパク質なのに対して、大豆が原料である植物性のソイプロテインがあります。吸収の速度は、ホエイプロテインとカゼインプロテインの中間にあたります。大豆イソフラボンを同時に摂取できることもあり、美容効果が高いプロテインです。

 

 

一般的にはトレーニング効果を高めるためにプロテインを摂取しますので、ホエイプロテインを選択すればよいかと思います。

 

 

疲労を残さないことが、怪我をすることなくランニングを続ける為には重要なことです。最近、速いペースで走れるようになってきたり、長い距離が走れるようになってきたという方は、是非一度プロテインを試してみてはいかがでしょうか?

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 疲労が取れないランナーこそ摂るべきプロテインの効果とは

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1729-8188

レッスン中で出られないことがございますので、
その場合は留守電にメッセージをお願いいたします。
こちらからおかけいたします。

メールからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

過去の記事

テーマ

👑ランニング記事Best5

⇑ PAGE TOP