大切なイベントでくやしい思いをしないための食事法

2019.12.29 (日)

マラソン大会、受験、結婚式などのイベントは日にちが決まっていますよね。その為、体調不良だからといって日にちを変えることはできず、ベストが出せなかったり、思い切り楽しむことができずにくやしい思いをした経験がある方は多いのではないでしょうか?

 

 

そんなくやしい思いをしないために、コンディションを整えることができる食事についてお伝えしようと思います。

 

 

1.アルギニン

体調不良は免疫力が低下するために起こります。免疫力は、代謝が落ちたり、血流量が下がったりすることで疲労が回復しないことで低下します。それらをアップさせることができる物質として「アルギニン」があります。

 

 

このアルギニンはアミノ酸の一種なのですが、アミノ酸が結合してできる物質はなんだと思いますか?

 

 

それは、タンパク質です。

タンパク質を摂ることがコンディションを整えるためには必要なのです。今更、タンパク質を摂ることが必要ですと言われてもと思われる方もいらっしゃると思いますので、必要な量とアルギニンが含まれている食材についてお伝えしようと思います。

 

 

アルギニンが含まれる食材には次のものがあります。

・魚
・牛肉
・豚肉
・鶏肉
・エビ
・イカ

 

タンパク質の中でも肉と魚介類です。

 

 

そして、これらの食材を1日に200g摂る必要があります。

 

 

1度の食事で摂るのは難しいかもしれませんが、3食に分ければ約70gです。朝・昼・晩で70gずつなら摂れそうな気がしませんか?

 

 

食材から摂るのが一番ですが、不足分はサプリメントを使って補うこともできます。少し、強度の高いトレーニングをして疲れ気味な時や忙しくて食事を簡単に済ませてしまったときなどに活用してみるとよいと思います。

 

 

 

2.乳酸菌

花粉症予防やインフルエンザ予防に乳酸菌がよいと聞いたことがあるのではないでしょうか?数ある乳酸菌の中で効果が実証されている乳酸菌3種をご紹介しようと思います。

 

 

乳酸菌B240

乳酸菌B240は目、鼻、口の粘膜のバリア力を高め病原体の侵入を防ぐ効果があります。唾液の量を増やすことで、粘膜の乾燥を防ぐことによりウィルスや菌との接触を防止します。

 

 

乳酸菌B240が含まれる食品は、大塚製薬のボディメンテです。

 

 

 

乳酸菌1073R-1株

乳酸菌1073R-1株は免疫システムの最前線で戦う、NK細胞の働きを活発にすることで、ウィルス感染した細胞を攻撃して破壊することで、風邪などの感染症からカラダを守ります。

 

 

乳酸菌1073R-1株が含まれる食品は、明治のR-1です。

 

 

 

プラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌は、NK細胞、キラーT細胞、B細胞、ヘルパーT細胞の免疫細胞の司令塔である、「プラズマサイトイド樹状細胞」を活性化することができる乳酸菌です。ウィルスの攻撃から排除を行う免疫細胞全体の機能を高めることで、免疫力を高めます。

 

 

プラズマ乳酸菌が含まれる食品は、キリンの iMUSE(イミューズ)、まもるチカラのサプリ 、まもるチカラのみずです。

 

 

 

まとめ

 

アルギニンには、成長ホルモンを分泌させる効果もありますので、トレーニング効果を高めるためにも必要なものになります。ダイエットや健康維持を意識するあまり、食べる量が減っている場合もあります。一度、普段食べている肉や魚介類の量をチェックしてみてください。

 

 

乳酸菌は1ヶ月摂ることで効果が出てきます。今年の冬は暖かいので油断しがちですが、年を越すとイベントごとが多くなっていくと思います。少しお金がかかってしまいますが、風邪を引いて病院に行って薬を処方されることを考えれば安いものではないでしょうか?

 

 

大切なイベントをベストな状態で迎えるためにも、一度食事の摂り方を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

 


足のケガを繰り返すランニング初心者が安心して楽しく継続できるランニングライフを創る

 

ラングリット | ランニングスクール | 静岡

自信回復ランニングプランナー

古畑 健太


▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 大切なイベントでくやしい思いをしないための食事法

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1729-8188

レッスン中で出られないことがございますので、
その場合は留守電にメッセージをお願いいたします。
こちらからおかけいたします。

メールからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

過去の記事

テーマ

👑ランニング記事Best5

⇑ PAGE TOP