忙しい社会人が習い事でランニングを始めるコツ

2021.03.22 (月)
忙しい社会人が習い事でランニングを始めるコツ

仕事が忙しく職場と自宅の往復しかしていないので、自分への投資として何か習い事をしてみようかなとお考えの方は多いのではないでしょうか?忙しくてジムや教室に通うのが難しいという方は、好きな時、好きな場所で行えるランニングがオススメです。

 

 

しかし、ランニングって苦しそうだし、足が痛くなりそうだし、学生のころ足が遅くて苦手意識がなんて方もいらっしゃいますよね。

 

 

今回は、習い事をしてみようかなとお考えの方がランニングを始めるコツについてお伝えしようと思います。

 

 

ランニングを始めるコツ

 

ランナーの65%がどこかに痛みを抱えています。ラグビー、野球、サッカー、バスケットのように人と激しくぶつかることのないランニングなのに、なぜこんなにも痛みを抱えている人が多いと思いますか?

 

 

それは、オーバーワークをしているからです。オーバーワーク=使いすぎですね。ランニング以外のスポーツのケガの原因は、外傷によるものです。そのため、傷が治れば痛みもなくなります。しかし、ランニングのケガの原因のほとんどはこのオーバーワークなので、なかなか痛みが取れないのです。

 

 

では、どのようにしたらよいのでしょうか?答えは簡単で、「頑張りすぎないこと」です。ランニングというと「速く走る」ということが良いというイメージはありませんか?学生のころ、足が速いだけで褒められたりしましたが、それはランニングの評価が速さでしかなかったからです。

 

 

しかし、大人になった今、速く走っても遅く走っても、評価されることはないので速く走る必要はありません。ダイエットという観点から見ると、速く走るのは逆効果だったりもするのです。当然、マラソン大会での目標タイムを更新するということがランニングを続けるためのモチベーションになるというのであれば、速く走る事を追求することは良いと思いますが、あなたの今の目標は速く走る事ではなく、体力があって健康的なカラダをつくり仕事をバリバリこなせられるようになるために何か習い事をしたいということではないでしょうか?それなのに、速く走ってケガをしてしまっては本末転倒です。

 

 

習い事としてランニングを始めてみようという方は、ランニングは速く走ることがいい事という考え方を変えましょう。そして、ケガをしないカッコいいランニングフォームで走る事を目指してみましょう。

 

 

でも、ランニングフォームって何が正しいの?と思われるかもしれません。そんな場合には、当スクールのパーソナルレッスンを受けていただければと思いますが、まずは、ゆっくりのペースでいいので走ってみてください。1km7分以上かけてゆっくり走る程度であれば、そこまで足への負担はかからないので痛みは出ず、苦しくもないはずです。

 

 

回数も週に1回程度で構いません。続かない方がやってしまいがちなこととして、「今日から毎日走るぞ」と始めた時は気持ちも強いので毎日続けるのですが、そのうちに仕事が忙しくてやれなかったり、雨でやれないことがあると、「明日やればいいか」という思いが出てきます。それが、不運にも毎日続いてしまうと、いつの間にか「やらない」となってしまうのです。

 

 

習い事の「習」は「習慣」の「習」ですので、習慣化することが大切です。そのためには、無理をせずに最低限の決まり事だけを作っておくことがポイントです。習い事でランニングを始めるためには、「ゆっくりペースで走る」「週に1回走る」ということだけをしっかり決めて、まずは続けることを意識していきましょう。

 

 

 

最後に

 

何事も続けることってすごいことですよね。ゆっくりペースであろうとランニングを続けていくことは大変なことだと思います。そんなランニングを続けていくことで、きっと自分に自信がつくはずです。その一人が私自身なのです。仕事やプライベートで他人と比較して劣等感を感じても、「ランニングなら負けない」という思いが自分に自信を持たせてくれて、それが前向きに行動する原動力になりました。

 

 

習い事を始めたいと思われているあなたは、自分に投資をし、自信を持って生活を送りたいと考えているのではありませんか?そんな方にはランニングが最適です。

 

 

ゆっくりペースで構いませんが、カッコいいランニングフォームでランニングを楽しみながら自信が持てる自分に変えていきましょう。

 

 

 

 

【ランニングがもっと楽しくなる】体験パーソナルレッスン

◆膝の痛みを我慢しながら走っている
◆腕の振り方が分からない
◆ふくらはぎの痛みが引かず走れない
◆走り方がおかしいと言われる
◆体力がなかなかつかない
◆30kmで足が攣ってしまう
◆効果的な栄養の摂り方がわからない
◆腰痛がひどく、痛み止めを飲みながら走っている
◆サークルやクラブは練習がメインなので、個別で走り方を学びたい
◆フルマラソンにチャレンジしてみたいけどどうやって練習したらよいかわからない
◆運動不足を解消したいが、ランニングが続かない
◆足の指が痺れるように痛い
◆いつまで経っても苦しくて、なかなか距離が伸びない
◆ダイエットが目的なのに足が細くならない
◆食事や栄養の効率のよい摂り方を知りたい

 

悩み事に大きいも小さいもありません。些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。あなたのココロが軽くなるよう丁寧にアドバイス致します。

 

 


足に負担がかからない「足にやさしい走り方」で安心して楽しく継続できるランニングライフをサポート

 

ラングリット | 静岡

自信回復ランニングプランナー

古畑 健太

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 忙しい社会人が習い事でランニングを始めるコツ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1729-8188

レッスン中で出られないことがございますので、
その場合は留守電にメッセージをお願いいたします。
こちらからおかけいたします。

メールからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

過去の記事

テーマ

👑ランニング記事Best5

⇑ PAGE TOP