実はひざに良いランニング!!痛みを取り除く秘訣とは

2019.09.08 (日)

ひざの痛みに悩まされているランナーも多いのではないでしょうか?痛みが無くても、ランニングはひざに負荷をかけてしまい良くないというイメージがあります。しかし、2016年に行われたアメリカの大学での研究によると、ひざ関節の炎症時に増えるタンパク質の一種である物質がランニングをすることで減っているという結果が発表されています。これは、ランニングに炎症を鎮める効果があるということを意味しています。

 

 

では、ひざに痛みがあっても走り続けていけば痛みから解放されるのかというとそうではないのです。

ひざの痛みはひざ関節に負荷がかかっている状態なので、改善しなければなりません。

 

 

改善するためにやるべきことはなんだと思いますか?

 

 

それは、ひざを伸ばして走るということです。

ひざに痛みがある方は、重心より前に足を着いています。その後、ひざを曲げて体を前に移動させています。イメージとしては、1歩1歩小さなスクワットをしながら進んでいる状態です。ひざを伸ばすことで、この小さなスクワットがなくなるので、ひざへの負担を減らすことができます。

 

 

ただし、注意しなければならないことがあります。それは、かかとから着地しないようにすることです。ひざを伸ばして蹴りだすような走り方では今度はかかとに負担がかかってしまいます。かかとから着地してしまうという方は、前傾姿勢が取れていませんので、気を付けをした状態で前に倒れ込み、自然と足が前に出るようにして進んでみてください。そうすることで、ひざに負担がかからずに走る事ができるようになります。

 

 

前傾姿勢の取り方についてはこちらのページを参考にしてみてください。

参考:安心してミッドフット着地の走りに変える、たった一つのこと

 

 

 

始めは走りにくいかもしれません。しかし、これから長くランニングを楽しむためにも今が大事です。

ひざの痛みを改善し、ランニングを続けて健康的なひざ関節を維持していきましょう。

 

 

 

無料ランニングお悩み相談

◆膝の痛みを我慢しながら走っている
◆腕の振り方が分からない
◆ふくらはぎの痛みが引かず走れない
◆走り方がおかしいと言われる
◆体力がなかなかつかない
◆30kmで足が攣ってしまう
◆効果的な栄養の摂り方がわからない
◆腰痛がひどく、痛み止めを飲みながら走っている
◆サークルやクラブは練習がメインなので、個別で走り方を学びたい
◆フルマラソンにチャレンジしてみたいけどどうやって練習したらよいかわからない
◆運動不足を解消したいが、ランニングが続かない
◆足の指が痺れるように痛い
◆いつまで経っても苦しくて、なかなか距離が伸びない
◆ダイエットが目的なのに足が細くならない
◆食事や栄養の効率のよい摂り方を知りたい

 

悩み事に大きいも小さいもありません。些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。あなたのココロが軽くなるよう丁寧にアドバイス致します。

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 実はひざに良いランニング!!痛みを取り除く秘訣とは

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1729-8188

レッスン中で出られないことがございますので、
その場合は留守電にメッセージをお願いいたします。
こちらからおかけいたします。

メールからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

過去の記事

テーマ

👑ランニング記事Best5

⇑ PAGE TOP