ランニングでのあしの痛みが取れない方がケアしきれていない場所

2020.06.03 (水)

ランニング後、ふくらはぎやハムストリングスをストレッチしたり、テニスボールやストレッチポールでコロコロしてケアされていると思います。それでも、あしの痛みが取れないことありますよね。オーバーワークやランニングフォームの問題もあるかもしれませんが、意外とケアを忘れてしまっていて痛みが取れない可能性があるのです。

 

 

どこだと思いますか?

 

 

それは、足首より下です。

あし」という字は「脚」や「足」と書きます。あしの付け根から下の全体を「脚」、足首から下の部分を「足」と書きます。本コラムでは、足首より下の部分についてを「」と表記します。

 

 

足は車でいうとタイヤです。スポーツカーと軽自動車では、エンジンの出力も車体の強さも違います。スポーツカーの方が性能は上です。しかし、雪道を走行する際、スポーツカーはノーマルタイヤ、軽自動車はスタッドレスタイヤを履いていたらどうでしょう?軽自動車は安定して安心して走れますよね。一方で、スポーツカーはつるつる滑ってしまい、全然速く走れないですし、スリップしてぶつけて故障しまうリスクもあります。

 

 

それと同じで、足がしっかり機能していないと性能を発揮できないだけでなく、故障してしまうのです。人のカラダは全身が筋膜で繋がっています。ランニング用のタイツを履いている方は屈伸しにくくないですか?そんな時、タイツを上に引っ張りながら屈伸するとしやすかったりすると思いますが、筋膜はそんなタイツと同じようなイメージです。

 

 

足の筋肉が固まり筋膜が引っ張られると、かかと、ひざ、腰と様々な箇所に負荷がかかり、それが続くと痛みが出るようになります。痛みがある箇所を、揉み解したくなるのですが、原因は足にもあるのです。

 

 

 

足の疲れ度チェック

 

それでは、「足」の疲れ具合をチェックしてみましょう。

1.つま先や指の横や指の付け根などを少し強めにつまみます。
2.指を前後左右、いろいろな方向に倒します。
3.足の裏、足の甲、土踏まず、カカトも少し強めに押します。

 

痛みがある指や箇所で疲れているが左右で異なる方もいると思いますが、それが左右差です。また、痛みがある場所で全身の疲れている箇所もわかるようですのでチェックしてみてください。

 

今の現状を確認したところで続けてケアをしていきます。

 

 

 

足裏ストレッチ法

まず、足の指と指の間を広げるストレッチをしていきます。手で足の親指と人差し指をつかみ、前後、左右に動かしてください。これを小指まで行っていきます。

 

 

 

 

次に、足の指と指の間に手の指を入れていきます。初めのうちは手の指の第一関節までで大丈夫です。続けて行くと第二関節、そして手の指の奥まで入れられるようになります。無理せず入るところまで入れてください。そのまま手前に30秒程引っ張り、足の甲を伸ばします。

 

 

30秒程伸ばしたら今度は奥に押し込み、足の指を反らします。こちらも30秒程行います。

 

 

次に、足首を回します。右回し10回、左回し10回行います。

 

 

 

最後に、母指球と小指球をつまみ、横アーチを作ります。その状態で足の指を曲げ、縦アーチを作ります。30秒キープします。

 

 

 

一通りのケアが終わったら再度、足の疲れ具合のチェックを行ってみてください。痛みが減っているのではないかと思います。それでもまだ痛む箇所があるようであれば、ケアを繰り返し実施してみてください。ただ、1度ではすべての痛みは取れませんので、毎日少しずつ行うと効果が出てきます。

 

 

 

 

最後に

 

私の場合は、左の腰と右の鷲足(ひざの内側)に慢性的な痛みがありました。ハムストリングスや内転筋やふくらはぎなどあらゆる箇所をボールやストレッチポールでコロコロし、指圧でほぐしたりとケアは毎日行っていました。しかし、悪化を防ぐ程度で痛みや違和感は消えず、朝起きるのがつらい状況でした。

 

 

ケアをしていたのですが、できていなかったのです。ふとした瞬間に足をケアしていないことに気が付きました。そして、ケアしてみたところ翌朝、脚が軽いのです。ランニングやジムでの運動パフォーマンスがあがりました。そして、コツコツと毎日少しずつ続けていくうちに痛みや違和感がどんどん減っていきました。

 

 

ですので、ランニングでのあしの痛みが取れず悩んでいる方は、是非一度試していただき、健康的な「」維持していきましょう。

 

 

 

 

【ランニングがもっと楽しくなる】体験パーソナルレッスン

◆膝の痛みを我慢しながら走っている
◆腕の振り方が分からない
◆ふくらはぎの痛みが引かず走れない
◆走り方がおかしいと言われる
◆体力がなかなかつかない
◆30kmで足が攣ってしまう
◆効果的な栄養の摂り方がわからない
◆腰痛がひどく、痛み止めを飲みながら走っている
◆サークルやクラブは練習がメインなので、個別で走り方を学びたい
◆フルマラソンにチャレンジしてみたいけどどうやって練習したらよいかわからない
◆運動不足を解消したいが、ランニングが続かない
◆足の指が痺れるように痛い
◆いつまで経っても苦しくて、なかなか距離が伸びない
◆ダイエットが目的なのに足が細くならない
◆食事や栄養の効率のよい摂り方を知りたい

 

悩み事に大きいも小さいもありません。些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。あなたのココロが軽くなるよう丁寧にアドバイス致します。

 

 

ラングリットTOPへ

 


足のケガを繰り返すランニング初心者が安心して楽しく継続できるランニングライフを創る

 

ラングリット | 静岡

自信回復ランニングプランナー

古畑 健太

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ランニングでのあしの痛みが取れない方がケアしきれていない場所

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1729-8188

レッスン中で出られないことがございますので、
その場合は留守電にメッセージをお願いいたします。
こちらからおかけいたします。

メールからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

過去の記事

テーマ

👑ランニング記事Best5

⇑ PAGE TOP