足への負担を減らし長い距離でも楽に走れるようになる、アクセル筋を使った走り方に変えるコツ

 

筋肉には「アクセル筋」と「ブレーキ筋」というものが存在します。ランニングで効率よく走るためには「アクセル筋」を使って走る必要がありますが、ランニング初心者の多くは「ブレーキ筋」を使った走り方をしています。ブレーキ筋の代表的な部位には大腿四頭筋(ももの前部)があります。

 

 

アクセル筋を使った走り方に変えると以下のようなメリットがあります。

◆長い距離を走った後の疲労が減る

◆足への負担が減りケガをしにくくなる

◆疲労とケガのリスクが減り、練習の効果が上がる

◆走れる距離が長くなり、速く走れるようになる

 

 

ではどうして、「ブレーキ筋」を使った走り方をしてしまうと思いますか?

 

それは、ブレーキ筋が使いやすい筋肉だからです。

 

なぜなら、人は効率よく動くために、普段から動かしていて使いやすい筋肉を使う傾向にあります。運動会の入場行進の練習で、ももを高く上げるように言われたり、部活動のウォーミングアップのドリルで、もも上げを指導された経験があるかと思います。本来は、強く地面を蹴るためにももを上げるのですが、その意図を説明されないため、ももを上げること自体が目的となってしまっています。その結果、大腿四頭筋を使うことが習慣づいてしまっているのです。その為、ランニングでも使いやすい大腿四頭筋を使った走り方をしてしまうのです。

 

今回は、ブレーキ筋を使った走り方が良くない理由と、アクセル筋を使った走り方に変えるコツについてお伝えしようと思います。

 

 

ブレーキ筋を使った走り方が良くない理由

ブレーキ筋である大腿四頭筋は、遅筋よりも速筋の割合が多い部位になります。その為、長時間走り続けるランニングには向いていません。フルマラソンで足が急に動かなくなるポイントを「30kmの壁」とよく言いますが、そのほとんどは、この大腿四頭筋を使いすぎて疲れてしまうことが原因なのです。

 

筋肉には衝撃を吸収する役割もあります。その筋肉が疲れてしまうと、膝などの関節を痛める原因にもなるのです。裏を返すと、大腿四頭筋をなるべく使わないような走り方に変えることができれば長い時間走り続けることができるようになり、ケガのリスクも減らすことが出来るというわけです。

 

では、アクセル筋を使った走り方に変えるにはどのようにすればよいのでしょう。

 

 

アクセル筋を使った走り方に変えるコツ

アクセル筋の代表的な部位がどこなのかと言いますと、ハムストリングス(太もも裏)になります。(そのほかには、内転筋や腸腰筋があります。)

 

ハムストリングスを使った走り方に変えるために、走る前や走っている最中にハムストリングスを手で触ります。触るだけでその部位を意識することができます。

 

次に膝を伸ばした走り方に変えます。膝を伸ばすことでハムストリングスをしっかり伸ばすことができ、前へ進む力を出すことができます。膝だけを伸ばそうとすると難しいと思います。そこで重要なことが、姿勢です。大きく息を吸って胸を張った状態で、前に倒れ込み前傾姿勢を作ります。そうすることで、膝が伸ばしやすくなります。

 

 

まとめ

走っていると大腿四頭筋が疲れて、長い距離を走る事ができない方は、持久力がある遅筋が多いアクセル筋を意識して、走ってみてはいかがでしょうか?

しかし、すぐにはうまくはできません。違和感を覚え、変えるべきか迷うかもしれません。いきなり変えようとせず、意識して少しずつコツコツと続けていくことが大切です。

 

 

30代になると、自分の仕事だけではなく、チームのメンバーの状況も管理する仕事が増えてくると思います。しかし、時間は限られています。だからこそ効率よくこなす必要が出てきます。

やり方を変えることって抵抗がありますよね。やりなれているので、どうしてもそのままにしてしまいがちですが、速筋を使って長距離を走るように実は効率が悪いやり方なのかもしれません。

一度、仕事のやり方を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

無料ランニングお悩み相談

◆膝の痛みを我慢しながら走っている
◆腕の振り方が分からない
◆ふくらはぎの痛みが引かず走れない
◆走り方がおかしいと言われる
◆体力がなかなかつかない
◆30kmで足が攣ってしまう
◆効果的な栄養の摂り方がわからない
◆腰痛がひどく、痛み止めを飲みながら走っている
◆サークルやクラブは練習がメインなので、個別で走り方を学びたい
◆フルマラソンにチャレンジしてみたいけどどうやって練習したらよいかわからない
◆運動不足を解消したいが、ランニングが続かない
◆足の指が痺れるように痛い
◆いつまで経っても苦しくて、なかなか距離が伸びない
◆ダイエットが目的なのに足が細くならない
◆食事や栄養の効率のよい摂り方を知りたい

 

悩み事に大きいも小さいもありません。些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。あなたのココロが軽くなるよう丁寧にアドバイス致します。

 

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1729-8188

レッスン中で出られないことがございますので、
その場合は留守電にメッセージをお願いいたします。
こちらからおかけいたします。

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

過去の記事

テーマ

👑ランニング記事Best5

⇑ PAGE TOP